音信不通で行方不明になっていた彼が戻る霊感占い

音信不通で行方不明になっていた彼が戻る霊感占い

音信不通で行方不明になっていた彼が戻る霊感占い

結婚を前提に同棲していた彼が、ある日を境に帰ってこなくなってしまったのです。
それまでも飲んで、会社の近くのサウナで夜を明かすこともあったので、あまり心配はしていませんでした。
でも3日も続くと、心配になり電話をすると繋がりません。

 

 

「おかしいな」と思っていると、メールで「しばらく帰れない」と連絡が。
その後はメールを送っても電話をしても不通。
返事もありません。

 

 

さすがにおかしいと思い、実家へ電話をしてみたのです。
すると、「先輩のところでお世話になるって連絡があったよ」とのこと。
そんな先輩の話なんて聞いたこともありません。

 

 

でも、ご両親も詳しくは解からないらしく、「心配だったら電話したら」と深刻には考えていないようでした。
荷物は部屋に残っていましたが、よく調べるとスーツの数が少なくなっています。
「もしかすると、浮気?」
心配が頭をよぎりました。

 

同棲して半年。
いまは初めの頃のように楽しいばかりではなくなっていたからです。
私から押しかけ女房のようにして始まった同棲ですから、結果を急いだばかりに彼が逃げたのかとも思いました。

 

 

しばらくは、メールで「連絡を下さい」と待つだけの日々でした。
ある日、見かねた友人が探せなくても安心できる方法があるとアドバイスしてくれました。

 

それは「霊感占い」

 

電話でお願いをして、彼の真意を測ってもらうという主旨のものです。
彼の心を覗くのではなく、彼を見守っているはずの誰かを通して知り得たことを教えてもらうのだそう。

 

 

たぶん、普段であれば縁のないチャネリングですが、この時ばかりは「これに縋るしかない」と考えて、友人に教えてもらったとおりにしました。
料金が心配だったのですが、1分間に100円くらいでした。

 

実際に依頼すると、彼に近い存在で亡くなった人のことを聞かれました。
ちょうど1年位前に彼のおばあちゃんと部活でお世話になった恩師が亡くなった話をすると、まずは先生にタイジ(対峙?)すると言われました。

 

 

すると間も無く、「彼は誰かを守っている」と。
誰かを守る為に家から出て行ったとのこと。

 

でも普通の社会人が家から出て行く状況が理解できません。
しかも社会的務めは果たしているので、「信用して待て」と言われました。

 

 

「それって、どういう意味?」と思いましたが、だんだんと料金が心配になってきたので打ち切ることに。
信用して待つ。

 

 

言葉にするほど簡単ではありません。
でも、教えてくれた友人は、「裏切られたことはない!」と断言。

 

 

そんなこともあり、とにかく待つと心に決めました。
ある日、ふと気になって彼の会社へ電話をしてみました。

 

 

なんと、毎日欠かさず出勤していたようです。
そこで「会社には行ってるんだね。安心しました」とメール。

 

この時は直ぐに返信がありました。

 

「明日帰る」
本当に翌日、帰って来ました。

 

事情を聞いてみると、なんと本当に先輩の家にいたんだそう。
詳しくは教えてくれませんでしたが、いまは先輩の心配がなくなったから戻ることに決めたそうです。

 

そして、「本当は離れて、気持ちを確かめたかったのもある」と衝撃の告白。
正直、「やっぱり」と思いました。

 

でも、騒がずに待ち続けた私を選ぶことに決めたそう。
本音を言えば、彼が不在だった間中はとびきり動揺していたのですが、「信用して待て」の言葉に抑えられていたような気がします。

 

料金を気にせず、もう少し話をしていれば、安心できたのかもしれません。
でも、電話をして良かったと心から思っています。


ホーム